保育士の仕事をするにあたって気を付けいないといけないこと

保育士として働く上での注意点

  • 仕事の上で注意すべき点というのはどんな仕事でもありますが、特に保育士の場合には、他人のお子さんを預かっているという責任ある仕事なのでうっかりミスが大きな問題となる事もあります。

    ニュースなどでも保育士がちょっと目を離したすきに起きたプールの事故や、誤飲事故等、保護者からすれば問題外と思うような事故も起きています。毎日お子さんの保育を行っていく中で仕事に慣れてしまうとうっかりミス等も多くなりますが、保育士として仕事を行っていく上で気を付けなければならないことはたくさんあります。

    新人保育士もはじめのうちは緊張しながら保育を行っていると思いますが、保育士としての日常に慣れてくるとだんだんミスをしがちになります。

    気を付けておきたいことはたくさんありますが、社会人として絶対に守っておきたいこととしてあげれば、やはり時間を守るということです。保育園には早朝お子さんを預けに来る保護者もいますので保育園によって早朝保育を行っている所も少なくありません。

    その為保育士もシフト制で勤務時間がローテションすることがあり、その場合、翌日の出勤時間等もしっかりと覚えておく必要があるのです。早出だったのにいつもと同じ時間と勘違いして遅れて登園ということになれば保護者にも保育園にも迷惑をかけます。

    これも保育園によって違いますが、早出の保育士さんが園のカギを開けるということも多く、この場合、保護者は仕事に行くこともできず保育士さんが到着するのを待つことになります。これは責任問題になりますし、保育園の信頼を損ねる事にもつながります。

    時間を守るということ以外、保育士として仕事の中で注意しなければならないことはたくさんあります。しっかり理解し日常になれることなく責任をもって保育しなければなりません。


    ★ 保育士の仕事に関するおすすめサイト ★
    保育士への転職を考えている方は、新人保育士として学ぶことがたくさんあるでしょう。保育士として働く上での注意点を知るだけでなく、転職活動で新しいスタートを切った人の体験談などを読むのも良いでしょう。こちらの保育求人サイトでは、保育士の転職成功事例などが紹介されています → 保育士 転職